SIO-SITE
TOP PAGEへ戻る サイトマップ リンク
施設の紹介 ショップ&レストラン イベント情報 アクセス・地図・駐車場 街づくりについて
About Us/街づくりについて
汐留地区の街並み整備について Back
1)街並み整備(アーバンデザイン)における基本コンセプト
2)エリア・デザイン
3)タイダルパークとインターセクション
4)具体的な整備計画
5)官民協働の街づくりによる効果例

5)官民協働の街づくりによる効果例
上記の街並み整備計画のなかで、官民協働の整備および管理を検討することにより効果 があらわれた例として、下記のことがらが挙げられます。

1.高木の視覚的緑量
 都道による標準案より約4割増

2.高木の種類
 都道による標準案:
 今回の整備案:
ハナミズキ等(当初樹高3.5m)
テーマ別に10種類以上、当初樹高6mで、将来樹高16mを目指しています。“水”“木”“火”“土”“金”の要素をモチーフにした植栽計画で、テーマにちなんだ樹種を選んでいます。

3.低中木の種類
 都道による標準案:
 今回の整備案:
オオムラサキ等の単種類
上記テーマ別に30種類以上(四季おりおりの花が咲きます)。

4.照明灯
 都道による標準案:
 今回の整備案:
28〜35mピッチ
16mピッチで明るさ感は約2倍になります。